札幌市豊平区にあるなかがわ歯科です。口腔外科,ホワイトニング,審美歯科,レーザー治療,インプラント,小児歯科などの治療を行っています。

ttl-index-logo
ttl-index-contact
btn-index-home.jpgbtn-index-greetingsbtn-index-medicabtn-index-practice.jpgbtn-index-case.jpgbtn-index-case.jpg

月・火・水・木・金

AM9:00~PM8:00

AM9:00~PM1:00

休診日

日・祝祭日

maps

札幌市豊平区豊平7条7丁目3-33
コモドム学園前 1F
011-816-1182
クレジットカードのご利用も可能です。

ttl-whitening-banner01.jpg

ノンクラスプデンチャー

特徴

ノンクラスプデンチャーは、義歯を残存歯に固定するクラスプ(金属バネ)がないので、

入れ歯をしていることが気づかれにくく見た目がきれいなので、審美性も求めている患者さまには評判が良く、大変喜ばれています。

・ 金属バネがないので、入れ歯だと気づかれにくい。 ・ 薄く、軽く、弾力があるため、装着感が良い。
・ 食べかすが詰まりにくく、絡まりにくい。 ・ 金属未使用により、金属アレルギーの心配がない。

材料

入れ歯情報館では、ナイロン系のスーパーポリアミド樹脂、ポリアミド樹脂、ポリエステル樹脂、ポリカーボネイト樹脂など、

幅広く材料をそろえております。症例ごとにもっとも適した、ノンクラスプデンチャーの素材を選択することが可能です。

(樹脂の種類によって、柔らかさ、調整のしやすさ、軽さ、精度などが異なります。)

注意点

・症例よっては使用できない場合があります。

・チェアサイドでの修理、リベース、リライニングが困難です。

・アクリル樹脂に比べて汚れがつきやすい。

denture-img01
ttl-denture-img02
ttl-denture-img03
ttl-denture-img04
ttl-denture-img05

移植治療

歯の「移植」は、ご自分の親知らずなどの不要な歯利用して、歯の無い部分に植えたり、虫歯などで保存不可能な歯を抜歯し、その部分に植える直すことにより、失われた機能をする最先端の歯科治療法です。しかも条件がそろえば保険適応になります。
従来歯が無い部分は入れ歯やブリッヂで補うのが一般的でしたが、それらに変わって最近では、インプラントを行うケースが増えてきております。
しかし私たちは、まず移植できる歯(不必要な親知らずや、すでに噛み合う相手のない第二大臼歯、歯列からはみ出た第二小臼歯など)があれば、第一選択として移植の可能性を探り適当と思われれば移植手術を行っております。
それでもダメであれば次の治療法としてはインプラントの選択を行っております。"インプラント"が人工臓器(人工歯根)の移植であるのに対し、歯牙移植は天然臓器の移植です。成功すれば体に優しいばかりでなく、"自分の歯のように"ではなく、"まさに自分の歯で噛める"のですからこれ以上の事はありません。また費用の面においても負担が軽くて済みます。欠点といえば移植する歯が無い場合や、移植する歯があまりにも大きな虫歯になっていたり歯周病にかかっている場合にはできないことです。
ttl-denture-img06
ttl-denture-img07
ttl-denture-img08
ttl-denture-img09
オールジルコニア
オールジルコニア
ttl-index-logobottom

札幌市豊平区豊平7条7丁目3-33 コモドム学園前 1F

011-816-1182

Copyright © nakagawa dental All Rights Reserved.